FANDOM


Red Pop-kun stub Roku is currently incomplete, and as such may be missing information or references.

Have something to add? Help out by expanding it!
What's wrong?: some character info sections need translating/cleanup


Overview


Roku
六 / Roku

Roku 22 1P BannerRoku 22 1P Icon

Roku 22 1P

Roku 22 2P BannerRoku 22 2P Icon

Roku 22 2P

Description
Gender Male
Species Human
Birthday June 9th[1]
Information
Birthplace Japan islands[2]
Hobby Calligraphy, iai[3]
Likes Journeying aimlessly, dry sake
Dislikes Shortcuts, indulgence
Appearance(s)
pop'n music 6
pop'n music 9
pop'n music 12 いろは
코나미 팝픈뮤직
pop'n music 15 ADVENTURE
pop'n music 18 せんごく列伝
pop'n music ラピストリア
Theme Song(s)
HIP ROCK
HIP ROCK 2
HIP ROCK 3
HIP ROCk 3.5
HIP ROCK 4
HIP ROCK 5
曇天 (TV/Anime)
火風陸空
Designer(s)
shio (6, 9, ラピストリア)
ちひろく (12 いろは)
mayo (18 せんごく列伝)


Roku is a character first appearing in pop'n music 6. He's described as a hip rock samurai, traveling all across Japan with no set destination.

AppearanceEdit

Roku has red eyes and spiky sky blue hair. His attire is fairly consistent and he's usually seen wearing various kimonos, sandals, and headphones kept around his neck. He has two red tattoos as well, an asterisk on the left side of his chest and a large panda one on his back.

NET Taisen LinesEdit

Attack  Eat this!
Damage  Don't do it!
Good Play  How honorable ~
Bad Play  Dammit!
Win  That's a victory!
Lose  Hmph!

1  Samurai
5  —
10  —
15  —
20  —
25  漢


Character IntroductionEdit

Character Info

pop'n music ラピストリア[4]
Roku 22 Profile 腕も口も筆も立つサムライ。

日本島を諸国見聞ぶらぶらといつの間にやラピストリア。 世界は広くておもしれェな!とマイペースに満喫してるみたい。


pop'n music 18 せんごく列伝[5]
Roku 18 Profile 戦国の旅路の夜に見たものは。あれは夢か幻か。月夜に一杯、粋だね! What I saw on my nightly journey was a warring country. It's either a dream or illusion. On a fully moonlit night, that's style!


pop'n music 18 せんごく列伝[6]
Roku 18 Profile 2 日本島を巡る憂国のヒップロック侍。 世の柵・滞リ・蟠リ・憤リを、斬る斬るキル! A patriotic hip rock samurai from around the Japan islands. The world's limits - stagnant - discontent - resentment, cut, cut, kill!


pop'n music 15 ADVENTURE[7]
Roku 15 Profile ぶらりぶらりと旅是人生。道なき未知の途路の果て。

己が進んだ跡が道となるだけ。


코나미 팝픈뮤직[8]
Roku PMKR Profile 여행이란 정말 즐거운 거야.

먼길을 여행하다보면 지칠때도 있어. 그럴땐 흘러가는 구름을 보면 즐겁지.

I'm really enjoying this journey.

I've traveled a long way and I'm a bit weary. Sometimes I look towards the passing clouds, they're pleasant.


pop'n music 12 いろは[9]
Roku 12 Profile さすらいの旅路もふと気がつけば桜色。

花の香りに誘われて、花見で一杯。粋だね!

During my journey wandering, I suddenly noticed the color of the cherry blossoms.

Invited by their fragrance, I fully viewed the flowers. That's style!


pop'n music 9[10]
Roku 9 Profile 日本中をぶらぶら旅していつの間にか寒い国に来たみたい。

道中拾った傘をさしつつ雪見で一杯。粋だね!

Traveling aimlessly around Japan, I suddenly ended up in a cold province.

Viewing the snow with an umbrella I picked up along the way. That's style!


pop'n music 6[8]
Roku 6 Profile 剣と言の極致を究めんと世をさすらう憂国のヒップロックサムライ。 各地の街中に彼が書き残した書の収集家がいるほどの人気なんだよ。 音即是言。言即是音。侍魂持ていざ皆ならん時代の先行者。いえあ。 A patriotic hip rock samurai, wandering across the world to master and perfect his words and sword skill. The calligraphy he leaves all over various towns is popular among collectors. The sounds are words. The words are sound. The predecessor to a time where a samurai spirit was common. Yeah.


Designer Comments

pop'n music ラピストリア[4]
火風陸空・・・ひふうりっくう?・・・・・ヒップロックだ~!

ポップン6の開発中に初めて大見解を聞いて「すごいのがきたぞー!」とみんなで盛り上がったことを思い出します。ポップン作ってた頃のクライマックスな一幕です。六というキャラクターを生み出せたのも、これもよかったことのひとつです。3の倍数で踊る阿呆に見る阿呆になりつつ、いつの間にやら6回目です。ありがたや。サニパでヒップロックシリーズの新曲をずっと待ってたので念願かなってうれしいです!

デザインも原点回帰ふたたびで、シンプルな白い着流しに戻りました。着物に墨で直接念仏かいちゃったり、表は木綿で裏地は絹だったり、黒地に黒い糸で豪華な刺繍したり、江戸の粋って調べれば調べるほどほんとかっこいいんですよ。アニメもお任せでたくさん動かしてもらって感謝です。

それとポップン絵からラピス絵になるにあたり細部をこんな感じで~とお伝えしましたが、六の前髪問題は私もふんわりでして・・・。みんつく20のときに応募いただいたイラスト見てても「オールバックも勢いあってカッコイイし、前髪V字なのも猫っぽくてかわいいなぁ。。」とまだまだ心惑わされまくりで。なので今回はあくまで『ラピストリア版』で、みなさんそれぞれの心の中に描かれる理想の六が断然かっこいいので、それが一番いいんじゃないかなぁと思うに至りました。『答えがひとつなんて粋じゃねぇなァ』とか六なら言いそうだし (・v・)

あ、ストーリーを進めると勝ちアニメの種類が増えて、どうして六がお金もないのにぶらぶらと諸国漫遊できるのかがわかりますよ!うらやましい!お楽しみに! (共演キャラのチョイスは書に一家言ありそうな方とミーハーそうな方なのです)

<shio>


pop'n music 18 せんごく列伝[5]
デザイナ皆から着物のデザインの応募?が締め切りギリギリまで練られたました。

かっこよく!タイトルも”せんごく”だし、今回このキャラは外せないよね~!と。 みんなでああでもないこうでもないとブラッシュアップして、最後の最後は確かeimyさんが素敵なアイデアを繰り出した!!みたいな感じで熱くまとまったのでした。 せんごくの世を素敵サウンズと共に力強く斬って(書いて?)くれそうです。

mayo


pop'n music 18 せんごく列伝[6]
え?ヒップロック3.5?

あー、時系列でいうとそうなのか~!

というわけでギタドラムービー風の六・別カラーで斬斬ざんです。 イラストはギタドラのかっこいいムービーの炎を真似るのが楽しかったです。 背景はホネホネしてます。データご提供ありがとうございました。

一番悪っちそうなのな顔のにしようと初代verを選びましたが、 3.5なら、ヒップロック3の色変えにすればよかったかなぁ。

しかし今回気がつけば、六が3種類登場していました。 3人目は遠慮しようと思いましたが、せんごくだから仕方ないか。 どんだけ戦い好きなんだ。

なんとなく先生口調につられて だるんだるんぎみでお送りしました。 ごめんね。 じゃあね。

shio


pop'n music 15 ADVENTURE[7]
いつの間にか3の倍数は恒例の六さんです。アニメ作るのも有難いことに3回目でございます。(やんわりと他のデザイナー陣に逃げられたー。うう…みんなの六が見たかったのに…)

三度目の正直。二度あることは三度ある。3って結構大事な数字かも。

で、ここに書いてた文は「あれ?」と見に行ったらヒップロック2と全く同じこと言ってて「成長してねえ!」と涙しつつ削除しました。しかしほんと、再登場キャラはいつも2倍の大変さを味わいます。今回は3倍。だから赤かったのか六!?自分越えって大変なんだなぁ…。シリーズもの作ってるサウンドさんたちって改めてすごいなぁ…。 でもポップン6のときは初めて使うツールでまだ力を出し切れてなかったんじゃないか?と、動きのアイデアは近いけどその分アニメのクオリティをあげていこう!と自分目標を決めて励みました。あと曲調に合わせてちょっぴりセンチメンタルな旅に出た。

そして改めて発見した六こだわりポイントは、腰です。 どっしり構えてサッと斬る!って感じ。肝が座るって言うしね。 重心低い厚めの腰じゃないと、着流しはサマにならないのだ。 日本男子ばんざいです。

◆ shio ◆


pop'n music 12 いろは[9]
またしても今回のテーマ「いろは」にぴったしですね!

そしてやっぱりキャラクターは六!おいどんにはたか~いハードルです。 しかしポップンミュージックキャラクターブックを片手にがんばりました。 あれはとっても便利でした!

個人的にはポップン6の時の、人としてやってはいけないことをやってる的な顔に六らしさを感じるので、そこを目的として、しかし数年経ちひとまわり大きくなった余裕さえ感じさせる面持ち、、むむ、いささか目標が高すぎたか。

着物の柄は蜘蛛です。どんなのがいいかな~と思って昔の着物の柄を色々調べてみたのですが、コウモリと月なんてのもあったりして、は~昔の人はすごいわ~とため息がでました。

曲の冒頭が桜のひらひらと舞い落ちるように感じたので、勝ちアニメはネコと花見酒です。いいな~

+ちひろく+


pop'n music 9[10]
担当曲のおかげで六もみなさんにご愛顧いただいているとのこと。ありがとうございます。アニメはいつもこれで最後だ!と思いつくアイデアの一番いいものを凝縮して使ってしまうので、再登場キャラって1回目より印象が薄くなりそうでいつも不安です。

うへ先生に「次はどんな曲がいいかな~?」と聞かれて「男気あふれるのを、がつんと!」と答えた記憶が。きっと忘れているのでしょうけど。私なんかに意見を求めてきた辺り、先生も続編のプレッシャーを感じてたのかなとか思ったり。 そして出来上がった曲の二代目襲名もかくやの気迫に、アニメの方も生半可じゃいけない…と緊張しました。ちょっとかっこよくなりすぎてしまって後悔しましたが。男々道、示せてますでしょうか?

* shio *


pop'n music 6[11]
あまりにかっこいい曲なのでキャラ作りに悩んでいたのですが、侍で書道家というサウンド2人からのリクエストをもらってからは一気にできあがりました。米国から輸入されたグラフティとかラップなどのヒップなストリート系カルチャーも、サムライ時代の即興で書を残した粋人たちと通ずるんじゃないかなー(最近Jラップも漢字や日本語が多いしね)と勝手に関連付けて一人でどんどん盛り上がってたりしました。

名前はチームみんなで考えて「とにかく漢字一文字!」といろいろ案が出たのですが、結局saitoディレクター案の考えてるんだかないんだかわからない六に決定。でも後づけ理由ですが六は六道六体六書…などなど世の全てを表すなかなかいい数字なので今ではかっこいいとお気に入りです。なので着物にも江戸時代に通人の間で流行していた雪輪紋をあしらってみました。(六花=雪なのですよ。この言葉美しくて好きだなぁ) でも粋を語る時点でその人はすでに野暮になっているそうな。サムライの道はきびしいね。

(shio)

TriviaEdit

  • Roku shares his birthday with Castle.
  • Roku's name is Japanese for six, relating to his debut in pop'n music 6. His name was proposed by saito, one of the directors.
  • In pop'n music 15 ADVENTURE, Roku's piercings are absent from his 1P and 2P portraits, his select and Chara-Pop icons, and the song banner for 路男. These errors were corrected in pop'n music portable and carried over to all subsequent releases.
  • Roku's 2P palette of his pop'n music 6 design shows a frog tattoo on his back, while his 3P has a skull instead.
  • On the 코나미 팝픈뮤직 site (a mobile Korean spinoff), Roku's birthplace is listed as Yokohama, Japan.

GalleryEdit

See Roku/Gallery

Notes & ReferencesEdit

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.